• インフォメーション
  • インフォメーション
本調査・中間報告について

入念な予備調査と本調査

入念な予備調査と本調査
ご契約が成立しましたら、いよいよ実際の調査に入ります。調査を行う場合、いきなり証拠を掴むための本調査に入るわけではありません。 本調査に入る前に、予備調査を行います。この予備調査の出来次第で、浮気調査、不倫調査の成否がかかっていると言っても過言ではありません。

予備調査では主に、ターゲットとなる相手の行動パターンを知り、いつ、どこでなら確実に浮気の証拠が掴めるかを検証します。
実際に浮気の決定的な証拠を得るのは本調査になりますが、この予備調査によって本調査の成功率が大きく変わります。

本調査ではよくターゲットに目が行き過ぎて付近の住民や通行人から不振がられてしまう探偵がいます。こうなってしまうとせっかくのチャンスを逃すことになりトラブルにもなってしまいます。探偵調査は非常にデリケートで専門性の高い調査です。
トラストジャパンでは本調査でに浮気の証拠を掴み取る技術力を備えております。
その高い成功率を実現しているのは、調査員全員が最低経験10年以上のベテラン調査員が多数在籍していること、最新の機材を駆使して調査に臨んでいることなどが挙げられます。
弊社のベテラン調査員は確実に浮気の証拠を掴みとることができます。

中間報告

中間報告
トラストジャパンでは、調査の結果報告だけでなく、調査の経過報告もご依頼主様にご報告しております。
これにより、今調査がどのような段階なのか?予定通りに調査が進んでいるのか?
等、ご依頼主様からも調査の進捗が見て取れるようになっています。

経過報告を密に取ることで、さらに浮気調査の成功率を挙げることができるのです。
経過報告時にご依頼主様に新たな調査手法をご提案することもありますし、逆にご依頼主様から新たな情報を得ることができるからです。
ただし調査はお客様の意思を尊重いたしますので、勝手な追加調査はいたしません。
対象者の行動に応じて随時ご報告をし、お客様の希望に合わせます。

•調査開始後、探偵調査の途中であっても、ご依頼主と細やかな連絡を取り合い、綿密に進めて行く事を心掛けています。
•希望に応じ中間報告を行いますので、調査の進行状況が良くお判りいただけると思います。
•中間報告は一切外部に漏れない方法で行うことが必要であり、ご依頼主を保護する立場で行わせて頂きます。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

  • お問い合わせ・ご相談はこちらから