• 浮気調査の準備
  • 浮気調査の準備
携帯電話・スマホの変化と兆候

携帯使用の変化

携帯使用の変化
最近では一人に一台、もしくはそれ以上携帯電話を持っている時代となりました。日常生活を送る上でも非常に便利なものですが、携帯電話の普及により、浮気がしやすくなったのも事実です。今までは家庭にあるのは固定電話くらいでしたので、浮気相手と連絡をするのもかなり大変でしたが、今は携帯電話が一台あるだけでいつでもどこでも浮気相手と電話、メールを行うことができます。最近広がっているスマートフォンなどでも、無料で通話ができるアプリケーションや手軽にチャットが楽しめるアプリなどもあるため、浮気にも多く利用されています。今回は、浮気をしている人の携帯電話の取り扱いの変化についてご紹介していきたいと思います。

携帯電話の使用頻度が増え、ロックがかかる。

携帯電話の使用頻度が増え、ロックがかかる。
浮気の兆候として定番と言えるのが、携帯電話の使用頻度が増えることです。今まではそこまで利用していなかったのに、急に携帯電話の使用頻度が増えたら注意が必要です。特に浮気をしている場合は、夜8時以降くらいの時間帯が多くなります。夜中に連絡を取る人も多いので、そういった履歴が多くみられる場合には異性と連絡を取り合っている可能性が高いです。携帯電話にロックがかかるときも浮気を始めたタイミングとしての危険性が高くなります。
やましいことがなければ携帯電話にロックをかける必要もありません。

電話に出ないことが多くなり通話料金が増える。

電話に出ないことが多くなり通話料金が増える。
一般的になかなか考えられないことかもしれませんが、浮気をしている人は、パートナーと一緒にいるときに電話に出ない機会が多くなります。浮気相手によっては、四六時中連絡をしてくる人もいます。浮気をしている人にとっては迷惑な話です。もちろん家に一緒にいるときなどには電話に出ることはできません。何度も電話がかかってきては、着信の表示名だけ見て電話に出ない。そういった機会が多くなった場合には浮気をしている可能性が高くなります。
また、浮気をしている人は、通話履歴、通話機料金共に多くなります。家族で契約している携帯電話の場合などでは、携帯電話会社に問い合わせることで通話料金や相手先の電話番号などを知ることも可能です。通話料金が急に増えた時も浮気をしている可能性が高くなります。携帯電話によっては日中の時間帯は無料で通話できるケースもありますが、そういった場合でも通話をした履歴は残ります。

LINE 相談

  • LINE 相談

お問い合わせ

  • お問い合わせ