• 浮気調査の特徴
  • 浮気調査の特徴
  • 浮気調査の特徴
シティホテルの証拠

シティホテルの証拠は?

シティホテルの証拠は?
浮気カップルがラブホテルを利用する場合、調査員が部屋まで立ち入って不貞の現場を押さえなくても、ホテルを出入りしたという証拠さえ掴んでしまえば、浮気が立証されるケースが殆どです。しかし、シティホテルの場合はそれが通用しないこともあります。カップルでシティホテルに宿泊したとしても「仕事の打ち合わせ」という名目で言い訳が出来るからです。ラブホテルとは異なり、「男女でシティホテルに入った」という事実だけでは、浮気は立証し難いものなのです。

シティホテル内での調査

シティホテル内での調査
赤坂、丸の内、新宿、品川エリアなど、都内の至る所にシティホテルは存在します。通常のラブホテルの調査の時と同じようにシティホテルの前でターゲットを待ち伏せし、ホテルに入る瞬間を撮影しても、これだけでは不貞を立証する証拠にはなりません。「別々の部屋に宿泊した」と言われれば、その意見を覆す証拠が無いからです。その為、調査員も自らシティホテルに入って調査を行うことがあります。セカンドバッグなどに監視カメラを入れ、ターゲットと共にエレベーターに同乗し、ターゲットが部屋に入る瞬間の撮影を行うこともあります。ただ、浮気をするターゲットは警戒心も強く、部屋に向かうエレベーターに同乗されただけで調査を感づいてしまう者も居ます。その為、シティホテル内へ潜入する調査は、非常に難易度の高い調査となります。

シティホテルに入る前の様子も参考に

シティホテルに入る前の様子も参考に
ターゲットの警戒心があまりにも強く、シティホテルでの調査が行えないこともありますしかし、それまでのターゲットの雰囲気や接し方から浮気を立証できる事があります。例えばレストランや街を歩いている際に、必要以上にボディタッチがあったり、手を繋いだり抱擁などがあれば、その時点で「仕事の打ち合わせ」以上の関係であることは間違いありません。こうした前後の状況の証拠写真、映像などから最終的に”シティホテルの宿泊=浮気”として立証されることもあります。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

  • お問い合わせ・ご相談はこちらから