• 浮気調査 豆知識
  • 浮気調査 豆知識
  • 浮気調査 豆知識
不貞行為について

不貞行為の証拠とは

不貞行為の証拠とは
結婚相手が不貞行為をしている場合、裁判で離婚調停にもつれ込む場合があります。裁判で有利になるために、どのような形で相手の不貞行為の証拠をつかむかは非常に重要なポイントになります。不貞行為を原因として離婚が成立するにも裁判官の判断が必要になります。 裁判官の判断の基準は断片的なものでなく、総合的な判断のもと、不貞行為の証拠として成り立つかどうかが決まります。例えば、一人暮らしの異性の家に出入りする写真が取れたとしましょう。この一枚の写真で決定的な不貞の証拠として成立するのは難しいです。これがラブホテルの場合は話が別ですが、不貞行為を行う場合、なにもラブホテルに限った話ではありません。
上述したような内容で、例えばパートナーが知らない異性とラブホテルに入っていく写真が獲得できたとしましょう。その写真自体の内容もとても重要です。 例えば、写真がぶれている、暗くて誰だかわからない、遠すぎて個人が特定できない。こういった場合にはもちろん、相手に言い逃れのチャンスを与えることにもなりますし、証拠として認められない場合も有ります。
裁判官の心証を上げ、確実に不貞行為の証拠として認められるためには、不貞行為の証拠となるポイントを押さえた写真が必要になります。不貞行為の証拠として、一般的に写真が利用されますが、トラストジャパンでは写真はもちろん、その他の方法でも不貞行為の証拠を記録します。それは、音声であったり動画であったり、不倫の内容や依頼の案件によっても異なります。 いずれにしても、最新の探偵調査に必要な機材を使い、確実に不貞行為をしているといった証拠を獲得します。これにより初めて、裁判でも有効な不貞行為の証拠となるのです。

別居中は不貞行為となるのか?不貞行為に時効はあるのか?

別居中は不貞行為となるのか?不貞行為に時効はあるのか?
結論から言うと、離婚前提の別居中の不倫は不貞行為になりません。しかし、別居前から何かしらの関係のある相手の場合はこの限りではありません。
不貞行為に認められる事由として「結婚生活が継続困難な程度」といった規定があります。離婚前提の別居中は、事実上夫婦関係が破たんしていると捉えられますので、不倫をしても不貞行為となりません。他にも、旦那が風俗店通いをしている場合なども特別な理由がない限りは不貞行為にはなりません。 不貞行為、と聞くと不倫相手と肉体関係を持つことと思う人が多いですが、それ以外にもたくさん不貞行為はあります。法的な表現では「夫婦間の守操義務に違反する姦通」という風に言われます。
また、不貞行為にも、時効が存在します。一般的には、不法行為の損害賠償請求は行為があったときから20年、損害の事実と加害者を知ったときから3年と言われています。
自分のパートナーが不貞行為をしていることに気が付いたら、3年以内に損害賠償請求(慰謝料請求)をしないと時効になります。中には、不倫されていると被害妄想的に思っている人もいます。
大事なことは、誰が見てもわかる客観的な証拠です。トラストジャパンは不倫の証拠をしっかりと獲得できるように努めています。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

  • お問い合わせ・ご相談はこちらから