• 浮気調査 証拠媒体
  • 浮気調査 証拠媒体
証拠写真

探偵が撮影する最も重要な証拠写真

探偵が撮影する最も重要な証拠写真
写真撮影は探偵業務の中で最も重要な部分です。
浮気調査のご依頼者様にとっては、浮気の決定的な証拠の獲得のために探偵に依頼してきています。
昔の探偵は一眼レフカメラを使って撮影を行なっていましたが、今はビデオカメラなどの発展からかビデオカメラと写真を両立して行っています。
調査によって探偵は一眼レフカメラ、デジタルカメラ、小型カメラなどさまざまな機材を利用する場合ももちろんあります。
浮気調査では、きちんと証拠を押さえるために、探偵の持つ撮影機材が役に立ちます。トラストジャパンでは状況に合わせた望遠レンズや暗視カメラなど、撮影機材が豊富に揃っています。

調査報告書との連動させる

調査報告書との連動させる
調査で撮影した写真を元に、依頼者様が対象者に浮気について詰め寄ることもできます。誰が見ても対象者とわかるような明確な写真を撮るように心がけているので、言い逃れをする隙を与えません。
もちろん、依頼の内容によっては、離婚裁判の資料として用いることもあります。
別記事でもご紹介している、トラストジャパンの「調査報告書」。証拠写真はこの調査報告書の中でも大きな意味を持ちます。
トラストジャパンの調査報告書の特徴として、
・時系列に作成している
・鮮明な写真を用いながら報告書の流れができている
・常に、時間、地域などを明確化している
・必要なことだけを端的にまとめている
といった点が挙げられます。
これを可能にするのが、調査中に得られた有力な証拠写真なのです。
調査報告書を文面だけでまとめても、離婚裁判など、裁判官が明確にイメージをすることは難しくなります。
誰が見てもわかりやすいように、さまざまな写真を用いながら、調査の進捗状況が展開されていきます。
トラストジャパンの調査報告書を見て「一つの物語を見ているよう」といった風な評価を頂いたこともあります。 もちろん、公的な資料として利用できるように、写真撮影についてもしっかりとポイントを押さえて撮影しております。
敏腕調査員が撮影したさまざまな写真を、必要なだけ、ピンポイントで調査報告書にまとめていきます。
この写真は、トラストジャパンの調査報告書の要となる重要な資料です。

証拠写真の重要性

証拠写真の重要性
証拠写真は、探偵の報告書の完成度と、価値を高めるためのものであり、また裁判資料の証拠にもなりえる重要なものです。 現場での証拠写真は一眼レフのオートフォーカスで連続的に撮影を行ったり、望遠レンズを付けてピンポイントでターゲットを狙ったり、暗視カメラを用いて暗闇でもキレイに撮影したりすることができます。 一眼レフのオートフォーカスはその性質上、被写体にピントが合えば被写体の奥はぼけるので、調査員の撮影技術に差が出やすい部分です。
証拠写真は相手に見つからずに撮影することが大前提です。
また携帯電話の写真機能も性能がよくなったため、利用頻度は低いですが状況によっては利用することもあります。何時、どこの現場かが分かる写真が理想です。
依頼者への報告書や証拠確保、場合によっては裁判資料としても、証拠写真は必要になります。証拠写真には人物と一緒に写る背景も重要なポイントです。
探偵は撮影していることが周りに気づかれないよう、確実に対象者を撮影する技術が求められます。街並みや建物の名称、駅名や時計などが背景に入っていると証拠写真としての信頼性が高まります。そのためにはある程度訓練を重ねて、勘を鍛えなければなりません。対象者に近づけない探偵のカメラは望遠機能がしっかりしていることが重要です。

ご相談・お問い合わせこちら

  • ご相談・お問い合わせこちら