• 浮気調査 証拠媒体
  • 浮気調査 証拠媒体
証拠動画

質の良い証拠動画を提出

質の良い証拠動画を提出
トラストジャパンでは証拠の質が高い証拠動画を添付して提出致します。
鮮明な映像記録は、時に静止画よりも証拠の質が高く決定的な証拠として「離婚裁判など各種裁判」に使用されることがあります。
現在は、動画も撮れるデジタルカメラもありますが、 動画の画質の違いから、トラストジャパンでは、最新のビデオカメラを利用するようにしています。
(もちろん、調査地域や調査方法により柔軟に機材を使い分けています)
調査の証拠は、ピンボケはもちろんの他、ターゲットが小さく映っているなどの場合は、 証拠として使用できません。
動画では尾行しながら、同時にタイミングを見計らい撮影を行う必要があります。
どういった機材を利用するにしても、高い性能の機材と、調査員の動画撮影能力が問われるところです。

トラストジャパンの証拠動画の特徴

トラストジャパンの証拠動画の特徴
トラストジャパンの証拠動画の特徴は以下の通りです。
・天候、時間、場所に応じて、画素数の異なるビデオカメラを利用している
・どういった地域で、何時何分に調査を行ったのかわかるようにしている
・ズーム機能、集音機能などを駆使し、証拠動画としての質が高い
・飲食店、ホテル、レジャー施設、ショッピングモールなどの出入りをわかりやすくまとめており、店名なども明確にわかるように撮影をしている
こういった特徴があるため、誰が見てもわかりやすい、動画資料として、証拠動画を提出することができるのです。
より明確に対象者をファーカスするために、画質編集を行うこともあります。
※あくまで「動画を見やすくするためだけの編集」であり、虚偽の編集などは一切行っておりません。ご安心ください。
一般的に画素数が高い方がきれいな証拠が残ると思われている方もいます。しかし、動画の場合、画素数が高すぎると動きがコマ送りのような状態になり、不自然な証拠となります。
トラストジャパンは、決定的な証拠動画撮影のために、動画の形式や最適な画素数などについても熟知しています。他の探偵社では用意できない、一味違った証拠動画を提供できるはずです。

証拠動画と報告書の連動

証拠動画と報告書の連動
撮影した証拠動画。これを単に依頼者様に報告するだけではもちろんありません。トラストジャパンの作成する、誰が見てもわかりやすい「調査報告書」とともに、証拠動画を連動させることもあります。
調査報告書の時系列に合わせて動画資料も作成しますので、より具体的に対象者の行動をイメージすることができるはずです。
写真の証拠も、不貞行為の証拠として成り立ちますが、こういった動画の資料も立派な証拠として成り立ちます。
今まで何度も調査を経験してきたトラストジャパンだからこそ、撮影した動画と調査報告書をうまく連動させ、「一つのストーリーのように」調査報告書を仕上げます。

証拠動画と音声による証拠

証拠動画と音声による証拠
証拠動画に合わせて、音声による証拠を提出する場合もあります。
例えば
・あたりが真っ暗で、暗視装置を用いても撮影が困難。
・同店舗内で接近した位置におり、ビデオを構えることが困難
・明らかに不貞をしていることがわかる音声の記録
・浮気相手との通話の内容の録音
等もあります。
こういった場合、音声レコーダーを利用して記録することもありますが、機能性の高いビデオカメラを利用しているため、レコーダーよりも鮮明な音声の記録を取ることができます。
こういったビデオカメラのさまざまな機能を利用しながら、さらに調査報告書の内容を固めていきます。

ご相談・お問い合わせこちら

  • ご相談・お問い合わせこちら