• 浮気調査 技術と調査機材
  • 浮気調査 技術と調査機材
特殊カメラ・ボイスレコーダー

暗視カメラ

暗視カメラ
暗視カメラとは、暗闇の中でも撮影できるカメラのことを言います。
暗闇の中でもわずかな光を感知し、それを映像化することが出来ます。 街灯や明りの少ない暗がりでの撮影時などに高価を発揮し、浮気調査においては必須のアイテムと言えるでしょう。
テレビ番組などで、夜の場面の撮影をする際などにご覧になったことがある人も多いかも知れません。 元々は、軍事用に開発された装置です。
特徴として、画面が緑色で構成されていることが挙げられます。
暗視カメラが緑色の画面で構成される理由は、緑色の波長が可視光線(人間が目で見える色のこと)の中でちょうど中間に位置し、最も知覚されやすい色であるからです。
暗視カメラによって、彩光率も異なり、高性能のものであれば、全くの暗闇でもキレイにターゲットを撮影することが出来る暗視カメラもあります。
望遠機能がついているものも多く、遠距離の撮影にも対応可能です。 通常のカメラのように持ち運びができるタイプと、防犯カメラのように設置しておけるカメラの二種類があります。

浮気調査で活躍 小型カメラ

浮気調査で活躍 小型カメラ
浮気調査の際に、小型カメラを使う機会があります。
人口密集地で、周囲の人が不審に思う可能性があり高機能な一眼レフカメラが使えない、ターゲットの警戒心が高い場合などに活用されています。
小型カメラにも色々な種類があります。 普通のカメラをそのまま小型にしたようなものから、ボールペンの中に内蔵されたカメラ、メガネに内蔵されているカメラ、ライター型のカメラなどもあります。
このようなカメラは俗にスパイカメラと呼ばれます。 スパイ映画などで出てくるような超小型のスパイカメラも実在します。
これらの小型カメラを使用することで、ターゲット、周囲の住民にも怪しまれずに撮影を行うことが可能です。

浮気調査で用いる車載カメラ

浮気調査で用いる車載カメラ
探偵調査で車載カメラを用いる場合があります。 車でのターゲット尾行時、車での張り込み調査時などにこの車載カメラが活躍します。
高性能な車載カメラになると、遠隔で操作できるような車載カメラもありますし、撮影角度を自在に変えることができるカメラも存在します。
文字通り、車に設置するカメラですが、設置する場所、形状なども車載カメラのタイプによってそれぞれです。
特に車載カメラの利点として、車の走行での揺れや衝撃の中でも安定した画質の撮影ができることがあります。
探偵調査の場合、車での追跡調査や尾行も多くなりますので、この車載カメラは非常に有効になります。 写真だけでなく、長時間の動画撮影も可能にする車載カメラもあり、浮気の証拠資料の作成に役に立ちます。
車から電源を取ることができるタイプも多いため、長時間の駆動にも耐え、さらに車の内装を上手にカムフラージュできるタイプのものもあるためターゲットに気が付かれずに接近することもできます。
ブレや衝撃にも強く、きれいな画像を安定して撮影できるのが特徴です。

張り込みなどの際に活躍 長時間対応カメラ

張り込みなどの際に活躍 長時間対応カメラ
気調査の内容によっては、一回の調査で長時間張り込みを行う場合などがあります。
張り込み調査は、ターゲットがホテルに入って行って出てくるまでの時間、ターゲットが自宅や浮気相手宅に出入りしているとき、待ち伏せをしているときなどに使う調査手法です。
トラストジャパンだけでなく他の探偵社も必ず行う調査手法になります。 張り込み調査の場合、いくら機能が高くても、充電がすぐに切れてしまうカメラでは長時間の調査に対応できません。 そこで、トラストジャパンが準備しているのが、長時間対応カメラです。
普通のデジタルカメラの連続稼働時間の数倍の長時間稼働が可能なカメラです。
更に、予備分のバッテリーも用意しているため、浮気の決定的な瞬間を見逃すことがありません。

ボイスレコーダー(ICレコーダー)

ボイスレコーダー(ICレコーダー)
ICレコーダーの場合、録音した音声をメモリーカードやUSBフラッシュなどに取り込みます。
レコーダーに再生機能があるものも多いですし、録音機能のみでパソコンや専用機器に接続して聴けるものもあります。
ICレコーダーの場合、テープレコーダーに比べて稼働時間が長い、録音時間が長い、録音時に音が少ないといった特徴があります。
更に、高機能なレコーダーになると音質も鮮明です。 オプションとして、指向性マイクを接続できるものもあります。
指向性マイクとは、欲しい音の方向を自分で決めることが出来る装置です。 例えば、雑音の多い都心部などではこの指向性マイクが役に立ちます。

ご相談・お問い合わせこちら

  • ご相談・お問い合わせこちら