• 浮気調査 技術と調査機材
  • 浮気調査 技術と調査機材
尾行術

トラストジャパンの『尾行術』

トラストジャパンの『尾行術』
浮気調査を行う際、浮気の決定的な証拠を得るために必要不可欠なのが尾行です。
尾行は調査の中でも一番専門性の高いです。素人が尾行をすれば、あっという間にターゲットに気が付かれる、またはターゲットを見失うことになります。
もちろん、トラストジャパンではこの尾行においても高い技術を誇っています。
今回は、トラストジャパンの尾行術についてご紹介していきたいと思います。

尾行するときには基本どこを見る?

尾行するときには基本どこを見る?
もし、あなたが誰かを尾行するとなったら、相手のどこを見て尾行するでしょうか?
頭、顔、胴体、下半身、全体…色々なところを見ながら尾行するはずです。
トラストジャパンの調査員が尾行をする場合には、「靴」を見るようにしています。
意外に思われるかもしれませんが、靴を見ることで尾行に気が付かれる可能性が激減します。
更に、靴を見ることでターゲットの周囲の人からも怪しまれないといったメリットがあります。ターゲットの顔や背中などを見て尾行し続けていると、周囲の人から怪しまれることもあります。
おそらく、他の探偵社の調査員の方もこの記事を見ているでしょう。それにも関わらず、尾行術の内容をご紹介するのは、トラストジャパンの調査は一朝一夕で身に付くものでなく、トラストジャパンで長年経験を積むことでしか得ることのできない技術だからです。
他の探偵社でも「尾行をするときには靴を見ろ」と教えるところはあります。 しかし、実はそれだけでは足りないのです。ここから先は企業秘密になりますので公開することはできません。
独自の調査手法を持っているトラストジャパンだからこそできる尾行術があるのです。

尾行の際には土地勘、交通事情にも精通する必要がある

尾行の際には土地勘、交通事情にも精通する必要がある
尾行をする際、土地勘やその地域の交通事情についても詳しく知っておく必要があります。
例えば、ターゲットを車で尾行している場合、渋滞する道に捕まってしまってはターゲットを見失ってしまう可能性もあります。
更に、急にターゲットの車が停車した時、間違えてもその後ろに停車するようなことはしません。 だからと言って何も考えずに通り過ぎてしまうと、いつの間にか一方通行の道に入ってしまい、折り返しをしているすきにターゲットに逃げられることもあります。
もちろん運転技術も必要ですが、交通状況を熟知しておく必要があります。 公共交通機関に関しても同じです。
どの路線がどの時間に来るのか?
乗り換えはあるのか?終電の時間は?などたくさんの情報を頭に叩き込んでおく必要があります。
特に遠方地の調査になると、交通事情、公共交通機関については詳しく調べておく必要があります。

浮気調査のご相談・お問い合わせ

  • 浮気調査のご相談・お問い合わせ