• 東京 浮気調査
大手と名乗るの探偵社の問題点

大手と名乗るの探偵社の組織体制

大手と名乗るの探偵社の組織体制
大手探偵社と自らを謳っている探偵社があります。
厳密に言うと、探偵業界に大手といった概念は存在しないのですが、誇大な広告を行うことで認知度が高くなり大手と呼ばれることもあるようです。
大手探偵社の組織体制については、マニュアル化が徹底されている、柔軟な調査に対応できない、管理部門が分かれているといった体制が見て取れます。
では、こういった組織体制の場合、浮気調査にどのような影響があるのかを考えていきたいと思います。
大手探偵社になると人員が増えることが考えられます。
人員が増えると調査や管理の関係で多数のマニュアルが必要になります。
調査に関してこのマニュアルが徹底されることで、組織として人材の管理を効率的に行うことが出来ますし、ある程度の調査の質を担保することもできます。
しかし、浮気調査はこういったマニュアルで対応できるほど甘いものではありません。
10年以上の経験を誇るトラストジャパンのベテラン調査員でも、想定外の事態は頻繁に起こりますし、それに対応する柔軟な思考と適切な決断力が必要になります。
根本的なマニュアルがあることはいいことかもしれませんが、それが過ぎると調査力が下がってしまうといった危険性があります。
「大手だから調査力も高い」といった考え方が通用しないのが探偵業界の特殊性と言えるでしょう。

探偵調査でも部門が分かれている

探偵調査でも部門が分かれている
大手探偵社と名乗る探偵社の場合、浮気調査に関しても調査部門と相談部門に分かれていることがあります。 これも、たくさんの人員を管理するために考案された分業です。 分業は確かに効果的ですが、探偵調査の場合は危険性も付きまといます。 例えば、こういった状況を考えてみてください。 いよいよ決定的な浮気の証拠を取得できるといった逼迫した状況下において、依頼主様から浮気調査の中断の依頼があったとします。 当然、相談部門に連絡が行くことになり、相談部門から現地の調査員に報告が行く時にはもう浮気の証拠を入手している可能性も十分あります。 大手探偵社はほとんどが基本料金と成功報酬で料金設定をしていますので、調査自体が不要になった場合でも証拠を取得した費用を支払う義務が生じます。 トラストジャパンの場合、基本料金のみで調査を提供していますのでこういった心配はまずありませんが、依頼主様の要望に合わせて成功報酬での調査依頼も受けております。 調査部門と相談部門の連携が強く、常に情報共有ができるシステムを構築していますので、こういった緊急の場合でも現地スタッフに迅速に情報伝達をすることが出来るのです。

大手ということに固執しない調査方法

大手ということに固執しない調査方法
我が探偵社は業界においても最高クラスの調査成功率を発揮しています。しかし、自分たちを大手探偵社とは呼称していません。何故なら、大手の名に拘ることより、依頼主様の希望に確実に応えることを第一に考える探偵社であろうと考えているためです。誠実な対応と確実な運営を持ってして、浮気調査に当たることで依頼主様の希望を叶えることが出来るのです。高い調査技術と柔軟な経費削減を実現しているトラストジャパンでは、他の大手探偵社には無い臨機応変で合理的な調査手法をとることが可能です。数々の弊害を避けるためにも、単純に外部の探偵社へと仕事を依頼することは致しません。トラストジャパンでは事前調査からアフターフォローまで、完全解決型の調査をお約束します。専門性の高い調査を一貫した自社管理で行っているトラストジャパン、浮気調査のご相談は我が探偵社にご相談下さい!

浮気調査のご相談・お問い合わせ

  • 浮気調査のご相談・お問い合わせ