• 東京 浮気調査
力量がない調査員・相談員の問題点

調査員・相談員の力量

調査員・相談員の力量
探偵業は届出さえ出せば誰でも開業できます。
特別な資格を必要とせず、また、検定試験がある業種でもありません。 その為「本当に調査力のある探偵なのか」
という指標を出すことが難しく、インターネット上での口コミや知名度などに頼らざるを得ないのです そこで「料金が安いから」
「仕事帰りに寄れる場所にあるから」
と言った理由で、調査力のない探偵に浮気調査を依頼してしまうと後で大きな トラブルに発展してしまう可能性があります。
例えば「浮気調査が対象者(パートナー)に発覚してしまう」
というケース。これは、夫婦の信頼関係を損ない、最悪の場合は相手から離婚を 請求されてしまいます。相手からすれば本当に浮気をしていても「信頼関係が無くなった」
などの理由を付けておけば、有利な条件で離婚が出 来てしまうのです。あなたが少しでも離婚請求や慰謝料請求を有利に進めようとしたのに探偵のせいでトラブルに発展してしまうのでは逆効果です。
また「浮気の証拠を掴めなかった」というケース。
これは調査という性質から失敗することもあり得ます。当然、仕方のない部分ではありま すが、やはり調査力のない探偵に依頼して失敗したのでは後悔が残るでしょう。

調査員、相談員の力量不足が招く悲劇

調査員、相談員の力量不足が招く悲劇
浮気調査は非常にデリケートな内容のものです。 調査の途中で発覚するようなことがあれば、浮気相手に訴えられてしまう可能性もありますし、さらにはご依頼主様にもご迷惑がかかる場合も有ります。 最悪の場合、浮気相手に訴訟を起こされて多額の慰謝料を請求させるといった事態も発生しています。 これぐらい、浮気調査は慎重かつ確実に行わないといけないものなのです。 探偵会社の中には、調査員や相談員を外注の探偵会社から雇う、アルバイトを雇うといった体制のところもあります。 調査員の力量不足はもちろんですが、相談員の力量が不足しているために正しい情報が現場に伝達されていない場合があります。 いくら調査員が優れていても、相談の段階で正しい情報が入手できていなければ適切な調査を行うことが出来ません。 逆もまた然りで、いくら優秀な相談員がいても、その情報をもとに適切な調査を行える調査員がいないと調査は成功しません。 調査員、相談員のどちらの力量が欠けても浮気調査は成功しないのです。 トラストジャパンでは調査員、相談員の両方とも長い経験を持つスタッフしかおりませんので安心してご相談ください。

素人採用の問題点

素人採用の問題点
浮気調査を依頼した時にトラブルに遭ってしまう方がいます。
その多くが、浮気調査の途中でターゲットに調査をしていることが発覚してしまう、付近住民から警察に通報されてしまう、法外な 調査を行い訴えられてしまう、個人情報の取り扱いマニュアルがしっかりと運用されておらず、見ず知らずの第三者に調査報告を行ってしまうといったケースです。
多くの場合が、アルバイトの調査員を利用している、探偵としての知識、技術が十分でない調査員が失敗するといった理由によるものです。
トラストジャパンでは上記のようなことはまずありえません。
最低10年以上の経験を持つベテラン調査員しかいませんし、外注の探偵会社、アルバイトの調査員を利用することなども一切ないからです。

浮気調査のご相談・お問い合わせ

  • 浮気調査のご相談・お問い合わせ