• 東京 浮気調査
違法調査と個人情報漏えい問題

違法調査を提案する探偵社

違法調査を提案する探偵社
探偵社の中には、調査の成功率を上げるために違法調査を行っている、または違法調査を依頼主様に提案してくる探偵社もあります。
違法調査を行うと、刑事責任を課せられる場合も有ります。これは調査を行った探偵社だけでなく依頼者にもその被害が及ぶ可能性があります。
では、実際にどのような違法調査があるのか、少しご紹介していきたいと思います。
数々の探偵調査は、探偵業法と呼ばれる法律に基づき実施されています。 もちろん、この探偵業法を守らない調査は違法になりますし、探偵業法の定める基準を満たしていない探偵社は調査自体行うことができません。
<違法調査の事例>
違法調査の事例として以下のような例が挙げられます。
・調査を有利に進めるために、ターゲットなる相手の家に盗聴器を仕掛ける
・無断で住居に侵入し、浮気の証拠になる物証を得る
・特定のターゲットの家の合鍵を作る
・調査で得たターゲットの情報を勤務先や第三者に晒す
他にも様々な違法調査があります。 探偵社からこういった調査を提案してくるのは論外です。 そもそも、探偵業の許可を取っていないのに副業的に探偵業をしている人もいますが、そうなってくると調査そのものが違法になります。 「違法調査をしている探偵社が悪くて、依頼した人には関係ないのでは?」 と思われる方もいるかも知れません。しかし、現実に共犯者として仕立てあげられることもありますし、悪質な探偵社に捕ま ると依頼主様だけが違法行為を働いたとされてしまうこともあります。 トラストジャパンではコンプライアンス(法令を順守すること)にも力を入れています。 探偵業法に沿った浮気調査の実施、しっかりと認可の下りた条件で運営を行っていますので、違法性は一切ございません。 トラストジャパンから違法調査を提案することなど絶対に有りませんし、違法性のある依頼と分かった場合は毅然としてお断りしております。

個人情報の漏えい問題

個人情報の漏えい問題
浮気調査の際、依頼主様、ターゲットとなる相手、ひいては浮気相手に至るまで様々な個人情報が関連してきます。
個人情報保護法のもと、適切なガイドラインを作り厳格に個人情報の取り扱いをしているトラストジャパンではまずありえないことですが、 他の探偵社では個人情報が漏えいするといったトラブルも実際に起きています。
浮気調査では経過報告、結果報告、さらには調査で入手した依頼主様、ターゲット、浮気相手の個人情報が漏えいすることでトラブルに発展する場合があります。 例えば、依頼主様に電話連絡をするつもりが誤ってターゲットとなる人物の携帯電話番号に電話をかけてしまう、浮気相 手に電話をかけてしまう、調査の経過報告を依頼主様ではなく全く別の第三者の元に郵送してしまうといったトラブルがあります。 浮気調査の場合、とてもデリケート内容の情報が詰まっていますので下手をすると悪用されてしまうケースもあります。 個人情報の取り扱いに関して、厳格なマニュアルがないような探偵社を利用してしまった場合、最悪詐欺に利用されたり、他の悪事に利用されたりする可能性もあります。 ターゲットや浮気相手の個人情報を漏えいさせた場合、訴訟につながるケースもあります。 個人情報の取り扱いが徹底されていない探偵社の場合、こういった危険性があるのです。 トラストジャパンでは個人情報保護法に則り厳格にご依頼主様、その他関連する個人情報を取り扱っていますのでご安心ください。

浮気調査のご相談・お問い合わせ

  • 浮気調査のご相談・お問い合わせ